戸建投資を0から学びたい!!  そんなあなたに贈る 超本格派オンラインサロンが ほんとに今だけ 無料実施中!!!!!!!   気になるあなたはお気軽にメッセージください。 ➡ 連絡先メールアドレス diyooya315@gmail.com

玄関灯ライト交換はDIYでやれる?築古戸建て投資ならコレがオススメ!

戸建投資をすると、何事もDIYで済ませてしまおうという癖がついてしまいます。

築50年の所有物件の玄関灯を交換したので、その過程を記載しておきます!

 

なぜ玄関灯を交換する必要があったのか?

トップページの写真が現在ついている玄関灯です。

築50年の物件についている玄関灯だとすると、めっちゃオシャレですよね!

実際、この形の玄関灯ってよく見るし、今でも電球⇒LEDになって同じ形で販売されているんです。

それだけ多くの人を魅了し続けているハイセンスの玄関灯が所有物件についているのでラッキーだなと、最初は思ったんです。

 

でも、課題が

この玄関灯はスイッチがないので、1日中つけっぱなしなんです。

(風水的には玄関灯を一日中つけっぱなしにすると良いみたいですよ)

 

で、この玄関灯を消すには1F部分の電気を全て消すしか方法がないと。

これじゃあ、さすがに入居者様の電気代がかさんでしまうかなと思い玄関灯の交換をすることにしました。

 

購入する玄関灯の条件について

 

課題としては、スイッチがないので一日中つけっぱなしになってしまう=電気代が勿体ないということ。

それを解決するには、

 

①センサー付きの玄関灯

②リモコン操作ができる玄関灯

②電気代がかからないソーラー充電式玄関灯

 

この3つのどれかに交換すれば解決できます!

 

どの種類の玄関灯にすべきか

状況次第で変わってきますよね。

ここでは、築古戸建て投資という視点から考えてみました。

・費用をなるべく安く抑えたい
・できれば自分でDIY取り付けをしたい
・自己管理するのでなるべく呼び出されたくない

このような条件を全て満たすのがあればいいのですが、

①,②は電気工事士の資格がないと取り付けが出来ないので、商品代+取り付け約~5,000円程度かかってしまいます。

で、

③はソーラー充電で安いやつだと中国製のやつで、口コミを見るとすぐに壊れたとかそういうコメントが多かったり

自分の家だったらソーラー充電式のやつを試して見たかったんですけどね。

(電気工事の方に聞いたら、壊れやすいからオススメしないとのこと)

 

でも、もし壊れたら入居者様へのご迷惑になることは当然ですが、呼び出し1回で節約した部分がパーになるということを考慮すると、

 

コスト>リスク

 

という弱腰な判断になりました!(笑)

 

 

あれっ、今の玄関灯をリモコン化・センサー化できれば3分でDIYできる??

ちょっと余談になってしまうのですが、

今の玄関灯の蛍光灯じたいをリモコン化orセンサー化できれば最強だよな~と思いつき、探してみました。

これが、今中に入っている蛍光灯長さ(330㎡)

で、見つけたのがコレ!(580㎡~)

サイズが対応していない(泣)

これがハマれば解決だったのに、、くやしい、、

 

センサー付き玄関灯とリモコン操作の玄関灯どちらがいいか

 

というわけで、

①センサー付きの玄関灯

②リモコン操作ができる玄関灯

のどちらかになるのですが、

リモコン操作ができる玄関灯は種類が少ないうえに、パナソニックの主要商品が廃盤となってしまっているので購入はできるのですが、価格も高いし、選ぶ理由がありませんでした。

 

となると、

残りはセンサー付き要電気工事のやつ。

散々検討した上で結局一番無難なやつを選ぶことにしました(笑)

 

めちゃくちゃ迷った!センサー付き玄関灯

 

センサー付きで要電気工事の玄関灯は、いくつかあるのですが、

 

パナソニックVSアイリスオオヤマVSリュウド

 

その他の英語のやつは口コミが悪かったり、似たような見た目でもセンサー付きじゃなかったりです。

 

で、迷ったのは”リュウド”ってメーカーです。

多分ほとんどの方がご存知ないメーカで、

外国のメーカーかと思いきやなんと新潟の中小企業。

>>リュウド公式サイト

 

ただ、公式サイトをよく見てみると照明機器は輸入販売とのこと。

リュウド人感・明るさセンサー内蔵 LEDポーチライト 玄関灯IP54簡易防湿型 直径17cm

 

だからか、価格が激安!!

なんと1,680円で人感・明るさセンサー内蔵のLEDポーチライト(要電気工事)が購入できるんです!

新潟の会社が1年間保証を付けてくれてるし、よさそうだな~と思いました。

 

ただ、やっぱり1つ難点が。

商品ページとレビューを見て、勝手口に取り付けようと思い購入しましたが、取説では屋外NGと書かれており、電気工事屋さんからも(漏電の恐れがある)とNG。結局取り付けられませんでした。残念。 amazon

 

このレビュー。

これで取り付けできなかったら困ります…

安物買いの銭失いは避けたい(-_-;)

 

で、結局選んだのはコレ!

パナソニック LED 玄関灯 ポーチライト

 

 

 

お値段は7,391円で安くはないですが、

他のデザインだと1万円を超えてくるので、そこそこリーズナブル。

amazonのベストセラー1位のようです。

 

みんなやっぱり消去法でこうなるのかな??

 

同スペックのアイリスオーヤマの商品は、

 

アイリスオーヤマ LEDポーチ灯 人感センサー付 丸型 電球色 500lm IRBR5L-CIPLS-MSBS

値段は¥6,369

同スペックなら築古戸建て投資的には、アイリスオーヤマが正解なのかもしれません。

 

 

でも、そこはやっぱり天下のパナソニック!!

安心感で選びました!

吉瀬美智子、綾瀬はるか、石田ゆり子をCMで起用する会社だし!(笑)

 

ついに、玄関灯を交換!

 

玄関灯が届き、取り付けが完了しました。

今回は電気工事士の資格が必要な取り付けになるためDIYはしませんでした。

 

丁度、物件のエアコン取付のために電気工事屋さんが来ていたので、交渉してついでにつけて頂きました!

 

取付には、10分もかかりません。

 

やり方はシンプル。

古い玄関灯を取り外して、壁から出ている黒と白のケーブルをライトに差し込むだけ!

(これだけなら自分でもできそうな、、、、なんて)

ただし、今回はそのケーブルが短かったので、線と線をつなぎ合わせて延長していました。

 

無事に取り付けが完了し、非常に満足でした!

スイッチがなくても、センサーがついているので人が来た時だけ明るく照らしてくれる。

明るさも十分。

価格は玄関ライト代金7,391円のみ。(電気屋さんの取付費用は5000円~15000円らしい)

しかも、なかなかオシャレ!

 

 

でも、このブログを書いている途中で気づいたんです、、

 

 

 

もっといいやつあるじゃん!!!

 

ってことを。

 

DIYで取り付けるならコレ!!築古戸建投資の玄関灯ならコレ一択だった

 

これを書いている今、めっちゃ悔しいのですが、、、

気付いたのは、

電池式+センサー付きが最強

だということ。

本当になんで気が付かなかったのか…

 

具体的にはこの商品!

探した限りでは同条件の商品はありません。

 

アイリスオーヤマ 屋外センサーライト ウォールタイプ 丸型

 

これだったら、

たったの3936円で購入できて、完全に100%フルDIYでOK!

電気屋さんにお願いすることもないので工賃はかかりません。

誰でも簡単に取り付けできるかと。

そこそこ安心感のあるメーカーだし、Amazonの口コミもいい感じ。

 

・費用をなるべく安く抑えたい
・できれば自分でDIY取り付けをしたい
・自己管理するのでなるべく呼び出されたくない

この条件を全クリしてます!!!

 

ということで、

もし次回玄関灯を交換する必要があったらこの商品にしようと思います!

迷っている人は、これを選んでみたらいかかでしょう?

(⇒ダメダメだったらごめんなさいm(__)m)

 

まとめ

 

・賃貸でソーラー充電式の玄関灯はリスキーかも、、、
・要電気工事のセンサー付き玄関灯はコスパは微妙だけど、安心感はバツグン!
・玄関灯はDIYで交換するしたいなら電池式+センサーライト付きがオススメ!

 

ご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

一緒に楽しく戸建投資を学んでみませんか?

「0から戸建投資を学べる無料オンラインサロンSumica」

オンラインサロンSumica! 概要はこちら。

 

経験や知識は関係なし! だれでもWelcome~(^^♪

学びたい! 気になる! 

そんなあなたはメールを送ってみよう♬

➡diyooya315@gmail.com(Sumica運営事務局) 

  件名:戸建投資オンラインサロン申込み

  ①お名前

  ②不動産投資歴の有無・その他投資歴 

  ③戸建投資について知っているか 

  ④お住まいのエリア 

  ⑤年齢(だいたい)

  ⑥ご職業・特技 

  ⑦ひとことPR

最新情報をチェックしよう!
>戸建投資Sumica

戸建投資Sumica

リスクと闘う不動産投資チーム