戸建投資を0から学びたい!!  そんなあなたに贈る 超本格派オンラインサロンが ほんとに今だけ 無料実施中!!!!!!!   気になるあなたはお気軽にメッセージください。 ➡ 連絡先メールアドレス diyooya315@gmail.com

コロナショックで副業チャンス!?戸建投資への影響は

コロナショックが与える戸建投資の今後の影響とは?

 

 

新型コロナウイルスの大規模な感染拡大で経済が急速に冷え込んでいますね。

 

現在目に見えている不動産投資への影響はざっくり次のような印象です。

 

・民泊など宿泊系不動産はインバウンド狙いだったこともあり大打撃。シェアハウスも感染リスク大で高家賃の物件から退去が増加
・テナントの経営悪化等で店舗など商業系不動産から家賃滞納や退去が発生
・リフォームが必要な物件では資材が手に入らず工事が遅延。トイレなどは中国の工場で作られているため搬入がストップ
・入居募集中の物件は感染リスクを恐れて内見キャンセルが増加

 

 

 

無人で内見するオープンハウスの取組がはじまるなど、

不動産業界も変化を迫られているようですね。

 

 

さてさて、ここで気になるのが

 

戸建投資を取り巻く環境は今後どうなるの?

ということ。

 

本日はこの点について、マクロ的に意見を述べさせていただきますね。

(あくまで個人的な意見です)

 

結論から言うと、

 

①ボロ戸建の賃貸ニーズが増す

②戸建投資を始める人が増える

 

 

このように考えております。

 

 

コロナショックでボロ戸建の賃貸ニーズが増す

 

前述したように

入居者の収入減により、

店舗など商業系不動産を中心に家賃の滞納や退去が発生し、

住居系不動産にも影響が出てきている状態です。

 

コロナウイルスの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

 

とはいえ、ここでポイントなのは

どんな不況下でも住まいは必要ということ。

 

それでは、いま家を買って住むか?というと

住宅の購買意欲はかなり下がっているようですし、

賃貸の方は賃貸に住み続けることでしょう。

 

ということで、相対的には普通賃貸が強くなる。

 

さらに、もともと相場より安めの家賃設定であるボロ戸建ならば

むしろそこに住まざるをえない状況が生まれる

と言えるのではないでしょうか?

 

 物件の購入ニーズが冷え込む

→収入減少により高い家賃の物件に住めなくなる

→高い家賃の人がボロ戸建に移り住むし、ボロ戸建てに住んでいる人はそのまま住み続ける

 

このようなストーリーですね。

 

 

コロナショックで家賃を払えない入居者への対策

 

しかしながら、それでも中にはボロ戸建の家賃も払えない!

生活に困った入居者も出てくることでしょう。

 

 

そんなときに

大家として入居者様にできる対策、次の2つをご紹介します!

 

1.住宅確保給付金を紹介する

 

住宅確保給付金は一定の要件を満たしており、

離職や休業により収入が減少し、家賃を支払う目処が立たなくなった人であれば、

3カ月~9カ月の間、家賃がオーナーの口座に直接振り込まれる仕組みです。

入居者自身で役所に申請してきてもらいましょう。

 

パートやアルバイト、フリーランスで働く人も対象です。

 

 

2.生活保護受給を申請してもらう

住宅確保給付金も無理!という場合は

生活保護の受給を検討しましょう。

生活に困窮する人に対して国が経済的な援助をしてくれます。

 

こちらも入居者自身で役所(各市役所か福祉事務所)に申請してきてもらいます。

 

 

詳しくは、それぞれ次のサイトでエリックさんが紹介しておられますよ!

 

コロナで家賃が払えない入居者には住宅確保給付金を紹介しよう

コロナで家賃が払えない入居者には住宅確保給付金を紹介しよう

 

オーナー判断で安易に家賃を下げたり、

フリーレントにすると売上に響いてしまうわけです。

あくまでも入居者自身を動かしてお金を確保してもらう

というスタンスが大事ですね!

 

コロナショックで副業ブーム。戸建投資を始める人が増える

 

政府が緊急事態宣言を出して以来、

外出を自粛したりリモートワークに切り替えた方がとても増えています。

 

 

その結果どうなったかというと・・

ゴロゴロしてる人と真面目に過ごしている人で2極化

しているみたいですね。

 

暇を持て余している方はずっと家でゴロゴロしている

だからゲームや娯楽用品が飛ぶように売れるわけですが

 

収入減からの危機意識や

自己投資の意識がある方については、

 

・通勤時間や他人とのコミュニケーションに費やしていた時間を

 副業や起業の立ち上げにあてる

 

といった選択をしているとのこと。つまり

 

コロナショックで副業をはじめる人が急増している

 

ようです。

 

民泊やシェアハウスなどが苦しい状況にあるわけですから、

少額で始められる戸建投資に目が向くのは必然ではないでしょうか?

 

ちなみにですが

私たち戸建投資チームsumicaは

共に空き家を再生する仲間を募集しており、

このブログでは副業から始める戸建投資を推奨しております。

 

もし副業で戸建投資をはじめたいという方は

問合せフォームからお気軽にお問合せください。

無料で相談に応じさせていただきますよ〜(^^)

 

 

今回の記事はここまでです。

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に楽しく戸建投資を学んでみませんか?

「0から戸建投資を学べる無料オンラインサロンSumica」

オンラインサロンSumica! 概要はこちら。

 

経験や知識は関係なし! だれでもWelcome~(^^♪

学びたい! 気になる! 

そんなあなたはメールを送ってみよう♬

➡diyooya315@gmail.com(Sumica運営事務局) 

  件名:戸建投資オンラインサロン申込み

  ①お名前

  ②不動産投資歴の有無・その他投資歴 

  ③戸建投資について知っているか 

  ④お住まいのエリア 

  ⑤年齢(だいたい)

  ⑥ご職業・特技 

  ⑦ひとことPR

最新情報をチェックしよう!
>戸建投資Sumica

戸建投資Sumica

リスクと闘う不動産投資チーム