戸建投資を0から学びたい!!  そんなあなたに贈る 超本格派オンラインサロンが ほんとに今だけ 無料実施中!!!!!!!   気になるあなたはお気軽にメッセージください。 ➡ 連絡先メールアドレス diyooya315@gmail.com

ひのたん流!不動産登記@司法書士報酬の違いと自分で登記

こんばんは春の嵐の中、ひのたんです!!

今日は不動産投資における、登記についていろいろ書いてみます(^^)

私は現在団地と戸建合わせて3物件所有しています。

引き渡し時に必ず行う、不動産登記について。3物件のパターン、それぞれあります。

不動産登記って不動産購入時に必ずします!

司法書士の先生が全てやってくれるのが一般的で、だいたい仲介さんから司法書士の先生を紹介されます。(たまに売主指定の司法書士が売買条件などある)

あと、仲介さんがうちの指定の司法書士にしてくれ。とかもよくあるパターンみたいです。実際深谷二号以外はそんな感じで言われました。

が、ひのたん全て指定は断っています。もちろんやんわりとね(^^;;

まず仲介さんに司法書士の先生の報酬額を聞いて、自分で探した方が絶対安いや…と思ったら自分で探すか、後述しますが場合によっては自分で登記がいいです。

司法書士の報酬って、本当に様々でこんなに数万円も違うの⁈やること同じなのに?と思ったんですよね。

初めての団地購入の前からこのネット情報を頭に入れていた( ̄▽ ̄;)なんかせこいって言われそうだけど、、数万円の違いって大きい。その額でステージングアイテム買えるやん!思ったらなんだかね(^◇^;)

で、仲介さんお任せにしない場合。さっそく司法書士の先生を探すか自分でやるかを決めます。私の場合は、この2パターンの経験の元…実際いくらかかったのか!

●司法書士の先生を探す
●自分で登記する

ざっくりな金額ですが、今後の参考になれば幸いです。

①さいたま市団地
登記費用総額約11万

司法書士の先生に依頼
ネットで最安値と調べ尽くして依頼。
先生が忙しすぎて事前見積もりがなかったので、決済日には多めに持参して対応しました。
区分や団地は、一般的に戸建より登記費用がら高いのですが…先生の報酬がすごく安かったです。

②深谷市戸建@深谷一号
登記費用総額約12万

近隣市で片っ端から相見積もりでリサーチして、熊谷市の先生に依頼。
既にお会いした①の先生に依頼しようと思いましたが、エリア的に厳しめなことと、先生が多忙で登記依頼NGでした。。
司法書士報酬、①の先生の約倍です。これでも探した中では安かったのと、良い先生でした!

③深谷市戸建@深谷二号
*登記費用5万半ばくらい
ここで初めて、自分で登記しました!


分筆や抵当権がなかったのと、担当の仲介さんがいい人だったので初めて自分でやるという私にも協力してくれました。

☆自分で登記にあたり☆
不動産会社の友人からは、きちんと登記ができなかった場合のリスクを聞いたり。
法務局に登記をする当日に書類に間違いがあっては、もちろん登記できない。
法務局に予約して2度通い、仲介さんから頂いた資料を見せ、訂正箇所など確認して、それを改めて仲介さんへ…
それをまた繰り返して、法務局から最終OKが出たら引き渡し日に法務局で登記をする。

改めて考えると、ハードルがありますね(^◇^;)


まず、私みたいな初心者の場合は仲介さんが協力的か。
平日9〜17時に予約して法務局に行けるか。(一、二回、場合によってはもっと⁈)

でもこの一連の流れをやることができれば、登記費用は十万台〜数万円は節約できます(^^)

条件が揃って、時間的にも気持ちにも余裕があれば是非オススメです。

私も場合によっては、仲介さんのオススメ司法書士の先生にお世話になるかもです。

あっ仲介さんを通して、報酬単価の交渉するのもありみたいです!

私は深谷一号では失敗?しました(;´д`)

そんなこともありますよね(^^;;

深谷二号の近所のお肉屋さんにて〜

ひのたんより

一緒に楽しく戸建投資を学んでみませんか?

「0から戸建投資を学べる無料オンラインサロンSumica」

オンラインサロンSumica! 概要はこちら。

 

経験や知識は関係なし! だれでもWelcome~(^^♪

学びたい! 気になる! 

そんなあなたはメールを送ってみよう♬

➡diyooya315@gmail.com(Sumica運営事務局) 

  件名:戸建投資オンラインサロン申込み

  ①お名前

  ②不動産投資歴の有無・その他投資歴 

  ③戸建投資について知っているか 

  ④お住まいのエリア 

  ⑤年齢(だいたい)

  ⑥ご職業・特技 

  ⑦ひとことPR

最新情報をチェックしよう!
>戸建投資Sumica

戸建投資Sumica

リスクと闘う不動産投資チーム